So-net無料ブログ作成
検索選択
’05年公式戦 ブログトップ
前の10件 | -

投打かみあわず・・・ [’05年公式戦]

5日 ヤクルト3—4中日
6日 ヤクルト3—4中日

悪夢の4連敗。
昨日の石堂克利投手といい、今日の藤井秀悟投手といい、先発投手が頑張ったのに打線がいまいち。
それでも今日は青木宣親選手にプロ初ホームランがでたり、岩村明憲選手に1号ホームランがでたり、ラミレス選手が猛打賞だったりして勝ちムードだった。

8回までは・・・。

誰もがヤクルトの勝利を確信した9回。抑えにでてきたのはもちろん「勝利の女神が惚れた男」五十嵐亮太投手。
ところが2アウトからフォアボールとヒットでランナーをだしてしまい、代打森野選手に同点3ランを打たれてしまいました。
10回にも登板しますが、これまた2アウトから満塁にしてしまい押し出しで1失点。
しかし「野球は2アウトから」とはよくいったもので、10回裏ヤクルトの攻撃は2アウトで打者ラミレス選手。
ショートゴロで終わったと思ったら、井端選手まさかのファースト悪送球。
続く鈴木健選手もヒットで出塁し、バッターは古田敦也選手。

「神様お願いします!」

だが祈りは届かず、古田選手はこの日もノーヒット。
勝利の女神も野球の神様も、まだまだヤクルトに微笑みかけてはくれません。

神様はときに残酷なことをします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

カウントダウン開始!! [’05年公式戦]

4月7日の結果  ヤクルト4—2中日(神宮球場)

でました!やっとでました!
古田選手の初ヒット!!((≧ ≦)Ω ヨッシャ!

2回の表、中日に先制点を許してしまい、なおもピンチの続く場面で城石憲之選手がファインセーブ!!
めっちゃカッコイイーo(≧∇≦o)
その裏ヤクルトの攻撃、先頭バッターのアレックス・ラミレス選手がソロホームラン♪
続く鈴木健選手はサードファールフライにたおれますが、なんとなくいい雰囲気漂う中、古田敦也選手がバッターボックスへ。
大声援の中、打った打球はライト前に落ち、掲示板には「H」のランプが!!
古田選手がファーストにきたときの、水谷コーチの満面の笑顔が印象的でした♪
6回の打席ではきっちりタイムリーを打って、2000本安打まで残り14本となりました。

城石選手も今日はタイムリーを打ちました!
その前の打席で送りバントを失敗しているだけに、汚名返上となりましたね!
それに古田選手のタイムリーに続いてだったので、神宮もかなりの盛り上がりでした♪

ただ守備がちょっと・・・。
確かにファインプレーもあり、また今日はセカンドによくボールが飛んできて守備機会が多かった。
しかし8回裏、少し高めにあがったフライを捕ろうとバックしていき、捕るのかと思いきや外野にまかせるが、センターの青木宣親選手は間にあいませんでした。
城石さーん(-.-;)、素人の私が言うのもなんですけど、あそこまで行ったら捕りましょうよ。
解説の高木豊さんも「城石が無責任」って言われてましたよー。
ピッチャーが石井弘寿投手だったので、そのあとちゃんと抑えてくれてよかったです。

そんなこんなで、何はともあれ神宮初勝利!!
おめでとうございました!!


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

連勝!! [’05年公式戦]

4月8日の結果  ヤクルト7―5広島(広島市民球場)

 連勝!!いい響きですね♪♪♪

今日の先発はエース石川雅規投手。開幕戦ではすばらしい内容だっただけにかなり期待。            ところが・・・立ち上がりがいまいち。初回から1失点。(タイムリーでなくゲッツーの間にだけど)

広島先発もエース黒田投手。今日は投手戦になると思っていたら、こちらも調子がいまいち。

うちのチームも負けずに黒田投手をせめます。

2回表、鈴木健選手がヒットで出塁し、古田敦也選手はフォアボールでノーアウト1・2塁。            バッターボックスには真中満選手!みごとレフトにタイムリーツーベース!!

そのあと城石憲之選手は三振にたおれますが(粘ったのに残念!)、石川投手がスクイズ!!         これが私的に意外だった!まだ2回だし、三塁ランナーは古田選手だったのに!

足の速い選手がランナーのときにやることが多いでしょ?

 

このあと両チームのピッチャーともピリッとせず、とったりとられたりでなんとか勝てたというカンジ。

ヤクルトは2番手で登場した河端龍投手もいまいちで、3番手の石井弘寿投手はナイスピッチ           でしたが、守護神・五十嵐亮太投手がヒヤヒヤしながらも抑え、試合終了は22時ぐらいでした。

岩村選手に久々にあたりがでてホッとしましたが、青木選手が中日戦で初ホームランを打って以来ヒットがないのが新たな心配事。特に見逃しの三振が目立ちます。

いっぽう絶好調なのが4月男の鈴木健選手。

月間MVP狙ってます!!(いや、わかんないけど^^;;)

 

☆今日の城石選手☆

残念ながらノーヒットでしたが、打てないときは守る!

いい守備いっぱいでしたよ♪特に宮本慎也選手とコンビでゲッツーとるときなんかサイコー!!

明日はデーゲームでちょっとつらいけど、頑張っていきましょう!!


3連勝!! [’05年公式戦]

4月9日の結果  ヤクルト8―2広島(広島市民球場)

 

あんなに勝てなかったのが信じられない!なんと3連勝ですよ!

試合前には守護神・五十嵐亮太選手がケガで戦線離脱、鈴木健選手がスタメンをはずれると知り        せっかく波にのってきたのにどうなるかと。。。(@_@)

おまけに先発は高井雄平投手。。。(ごめん、あんまり信用してないの。)

 

だけどそんな心配は無用でした。

高井投手は立ち上がりはやっぱり悪かったのですが、味方が点をとってくれたこともあり               そのあとはナイスピッチでした♪∑d(≧∇≦)

そして忘れちゃいけないのが・・・

 城石選手、5打数3安打3打点の猛打賞!!

やりましたー!!やっとランナーをホームに還せましたよー!!\(^^\)(/^^)/

晩ご飯はスキヤキにしましたよ~☆ 肉がなかったけど!(>▽<)

 

古田選手は2安打で、2000本安打まであと10本となりました。

巨人戦あたりで決まりそうですね。

 


あ痛たたたたた!(><) [’05年公式戦]

4月10日の結果  ヤクルト3―5広島(広島市民球場)

 

痛い、痛いって。なんと宮本慎也選手までも欠場。

昨日、ファーストで広島の選手と交錯したときにハデにこけたのが原因みたいです。                        こけたっていうより、頭から落ちそうになって左手で支えて回転してお尻から落ちてました。

私は左手のほうが気になってたんですけど、左太もも打撲と公式発表されてました。                          しかし慎也さんは次の横浜戦に出場するための欠場というこで、そんなに心配はないです。

心配なのは鈴木健選手。疲労性の腰痛らしいですけど、MRI検査をうけてたりして                          思ってたよりけっこう深刻でした。

 

こんなときこそ頑張らないといけないのに、先発の石堂克利投手は2回途中5失点で降板。                     前回はよかったのに今日はコントロールがまったく・・・。いたたたた。。。

 

9回に土橋勝征選手のソロホームランで2点差とし、追いつけそうな空気がでてきた!                         2アウト満塁でまわってきたバッターは城石憲之選手!!

「神様お願いします!逆転タイムリーなんて贅沢いいません!最後のバッターにしないで!!」

こんな後ろむきな応援のしかたってないよね。三振でゲームセット。いたたたた。。。

 

古田選手は今日は1安打。2000本安打まであと9本。いよいよ1桁になりました。

 


戦力より運がない [’05年公式戦]

4月13日の結果 ヤクルト1—3横浜(横浜スタジアム)
4月14日の結果 ヤクルト2—3横浜(横浜スタジアム)

昨日といい今日といい打線がもうちょっと頑張ってほしいかも。
いや、昨日はそこそこよかったけど、運がなかったとしかいえない。
真中選手が打ったらファインプレーに阻まれ、城石選手が打ったら好連携プレーに走者・度会選手がホームタッチアウト。
坂元投手が多村選手に逆転ツーラン打たれたとき、古田捕手はかなりガックリきてましたね。

で、今日はあきらかに打線が悪い。
初回、1番が塁にでて2番が送り、3番が決める!
でだしからいいカンジやん~☆と思ったら初めだけでした。
岩村選手の2号ソロホームランで2点目が入ったけど、7回に藤井投手がつかまり逆転され3連敗です。

明日からは、阪神に連勝して波に乗ってきた巨人と神宮3連戦です。
ちなみに関西テレビの中継メインは名古屋の阪神戦です。(-.-;)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

あともうちょっとなんだけど。。。 [’05年公式戦]

4月15日の結果 ヤクルト3―5巨人(神宮球場)

 

まさか河端投手が打たれるなんて・・・。

1回、宮本選手の2号ソロで先制しエース石川投手を援護します。                                  4回、青木選手が内野安打で出塁し3塁まで進み、古田選手が1995本目のヒットで還します。

開幕3試合目の石川投手は、今シーズンまだ無四球ピッチングなだけに期待してみてました。  5回、ローズ選手にソロホームランを許しますが、まだまだ粘って抑えます。

しかし6回、初のフォアボールをだすと流れは完全に巨人に。そしてホームランを打たれたくない場面で、1番ホームランを打ちそうな清原選手に496本目となる逆転3ランホームランを打たれてしまいました。

その裏、岩村選手の3号ソロホームランで1点差につめより、のぞみをつなぎます。

7回、続投した石川投手ですが、ノーアウト満塁とし2番手吉川投手にマウンドを譲ります。この吉川投手がすごくよかった!調子のでない中継投手のなかで1番頑張っていますよね。

このピンチも代打・江藤選手を5-2-3のホームゲッツーにしとめ、つづく仁志選手もセカンドゴロにしとめてピンチを脱します。(テレビにむかって叫んじゃいましたよ!)                                    8回、清原選手にフォアボールを許すもノーヒットに抑えます。ほんとナイスピッチ♪

巨人が1点リードしていますが、まだまだどちらが勝つかわからない緊張感がつづく9回。

ピッチャーは河端投手。先頭バッター小久保選手に初球をレフトスタンドに放り込まれます。

龍くんが打たれるなんて、きっとスワファンは誰も思っていなかった。これで緊張感がとぎれてしまい4連敗です。

せめてエースに黒星がつかないようにしてほしかったです。

 城石選手も1日1本打っているんだけど、昨日・今日と終わりのほうで代打をだされます。                   ちょっと嫌なカンジ。明日も1本打って、17日はバースデーアーチとかみたいな♪

そして古田選手もあと5本です。こちらも17日に決まってもおかしくないですね。

 ちなみに今日は関西テレビは名古屋を中継していましたので、山陰中央放送で見ました。画像はユラユラで白黒だったけど、やっぱりリアルタイムで見ると燃えるね!!


やったぜ!宮出隆自!! [’05年公式戦]

4月16日の結果  ヤクルト4x―3巨人(神宮球場)

 

勝った!勝ったよ!!宮出選手のサヨナラホームランです!!!\(* ̄∇ ̄*)/

もともとパワーはあるんだよ!近い将来うちの打線をひっぱっていくんだから!!

やったーーー!!!〃△_(⌒◇⌒)_△ヾ

 

今日の先発、高井投手。初回は3人で抑えたものの、あとはいつもどうりってカンジの内容。

1回にラミレス選手のタイムリーで先制したが、そのすぐあと2回に自滅して逆転を許します。

しかしその裏、こちらも相手投手の調子の悪さをつきます。ヒットとデッドボール×2で満塁。そして阿部選手のパスボールで同点に追いつきます。(できればタイムリーを打ってほしかった!)

そのあと両投手ともなんとか5回まで抑えます。(特に高井投手はよく2失点ですんだよ。)

6回、ヒットを打たれるもツーアウトまできましたが連続フォアボールで満塁とし降板します。

 

2番手は今年いまいち調子のでない河端投手。しかし今日は違います!

これぞ河端龍!このピンチを三振で切り抜けます。ヨッシャッ!!Σd(≧∇≦)

7回も河端投手が抑え、その裏に宮本選手の3号ソロホームランで逆転!

そうなれば当然マウンドにあがるのは石井投手。実に8日の広島戦以来、五十嵐投手が離脱してから初の登板です。

8回はなんなく抑えますが、またもや悪夢は9回に。

先頭バッターの阿部選手にデッドボールをあたえてしまい、おかしな空気に。。。そう思っていたら二岡選手に同点タイムリーを打たれてしまいました。

 

またなの?また負けちゃうの?

 

そんな泣きたくなる気持ちをふきとばしてくれたのが宮出選手!!シーズン初ヒットは、プロ入り初となるサヨナラホームラン!!ありがとーーー!!!

ヒーローインタビューでは目がウルウルきてましたね。私もウルっちゃいましたよ。(T▽T)

 

これでなんとか連敗ストップ。依然、最下位ですがなんとか波にのってほしいです。

 

さてさて喜んでばかりはいられない。

やはり嫌な予感というものは当たるもので、城石選手はスタメンからはずされてしまいました↓

若様、明日はお誕生日ですよ。ということは城石選手も誕生日なんです。よろしくお願いします。

 

ファームでも川島投手が4回6失点と炎上。今日よければ来週にでもということでしたが。。。

ヤクルトスワローズまだまだ苦しい状況は続きます。


Happy birthday! 城石憲之☆ [’05年公式戦]

4月17日の結果  ヤクルト5―6巨人(神宮球場)

今日の先発石堂投手、前回に続き先発の役目はたせず。3回途中で5失点ノックアウト。         次の登板はあるのか?

初回、高橋由伸選手にタイムリー、ローズ選手に犠牲フライを打たれ2点を先制されます。               ヤクルトはその裏、古田選手が1996本目のヒットで1点をかえします。

続く2回は3人で抑え、裏の攻撃では昨日のヒーロー宮出選手がツーベースヒットで出ると、宮本選手のタイムリーで同点とします。宮出選手はさっそくのスタメン起用で結果をだしてますね!

これで石堂投手もよくなるかと思いきや(昨日もこんなこと言ってた気がしますが・・・)、二岡選手、高橋由伸選手に連続ヒットを打たれ清原選手をむかえます。

ほんと1番嫌な場面で1番嫌なバッター。今日の石堂投手では抑えられる気がしないなぁ~と         思った瞬間、初球をレフトスタンドに叩き込まれ497本目となる3ランホームラン。。。                 それでもそのあとを抑えてくれればよかったのですが、2者連続フォアボールでマウンドを2番手上原投手に譲ります。

上原投手も緊急登板とあってか、いきなりワイルドピッチ!も~、こわいってー。                                それでも青木選手の好守備に助けられ、この回をしめます。

3回裏の攻撃、先頭の岩村選手がフォアボールで塁にでると、ラミレス選手、古田選手(1997本目!)の連続ヒットでノーアウト満塁!!

まずはユウイチ選手のファーストゴロで1点返し、続く宮出選手が初球をたたきツーベースヒットで2点返し同点!!やったぜ、宮出!このままレギュラーとっちゃえ!!

先発の桑田投手をマウンドからおろしますが、2番手林投手に抑えられ同点どまりです。

4回からはまるで別のゲームを見ているようでした。

ヤクルト3番手・吉川投手と林投手の投手戦となり、緊張感がはりつめます。                   特に4回のツーアウト1・2塁の場面で、清原選手をむかえたときの吉川投手のピッチングはすばらしい!古田選手のリードがよかったといえばそれまでだけど、そのリードに応えられているコントロールのよさ!もうどんな場面でも大丈夫ですね!

今思えば吉川投手が頑張っているあいだに点をとってほしかった。

そう、今日も悪夢がやってきたのです。

磐石の継投だったはずの8回。河端投手が仁志選手にタイムリーを打たれてしまい逆転。

9回サヨナラチャンスはあったのですが、センターに抜けるかと思われた岩村選手の打球は、セカンド仁志選手に阻まれゲームセット。またもや接戦をものにできず最下位独走です。

 

古田選手は今日は2安打で2000本まであと3本です。いよいよですね。

城石選手は出番なし。32回目のバースデーを祝うことはできませんでした。

 

横浜戦ではあと1本がでず、鈴木健選手の離脱がこんなに痛いのかと思い、この巨人3連戦では五十嵐亮太投手の離脱がしみじみと痛いと思うゲーム展開でした。

それでもやるしかない!やられたらやり返せ!火曜日からはふたたび横浜戦です!

 

 

 


打たれた投手が悪いのか? [’05年公式戦]

4月19日の結果  ヤクルト4―6横浜(神宮球場)

 疲れた。寒い中、神宮で応援されていたかたはもっと疲れただろう。なんで?なんで勝てない?

 今日の先発・館山投手。たちあがり悪く初回からフォアボールとデッドボールをあたえ1点をとられます。前回とはまったく違う人みたいで、5回までもつか不安です。

いっぽう打線は3回までノーヒット。少しずつ調子を取り戻しつつある館山投手を援護できません。

それでも4回、チーム初ヒットで岩村選手が塁にでると、古田選手のツーベースヒットで同点!         古田選手はこれが通算350二塁打(史上24人目)で1998本目のヒットです!                 つづくユウイチ選手のセンター前ヒットと真中選手のツーランホームランで4―1とします!

投手の調子が悪くても、打線が援護する!やはりチームで頑張らないと!

ところがその直後の5回、種田選手、金城選手の連続ヒットで1点を返され、なおもツーアウトまでとりながら多村選手にもタイムリーを打たれ1点差に追いつかれます。

館山投手は6回、1アウト3塁の場面で降板。2番手は佐藤賢投手です。                         その佐藤投手、6回は抑えますが、7回にフォアボールで出したランナーを佐伯選手のタイムリーで返され同点とされます。これで館山投手のプロ初勝利はまたもお預けです。

そのあと3番手吉川投手、4番手山本投手(ワンポイント)、5番手河端投手が横浜打線を抑え込みますが、スワローズ打線も送りバント失敗などもあり試合は延長戦へ。

10回からは石井投手が投げますが、12回に登板した山部投手が打たれてしまいゲームセット。4時間47分の長い試合となりました。

 

で、今日のタイトルの理由。6回・9回と逆転できるチャンスはあった!

6回、ユウイチ選手、真中選手の連続ヒットで1アウト1・2塁のチャンスに土橋選手はサードゴロで最悪のゲッツー。

9回、ユウイチ選手がヒットで出ると、なんと真中選手に送りバントをさせる作戦。                    これが納得いかん!今日はホームランも打っているのになんでやねん!結局失敗してゲッツー。

打ち勝つしかないと若松監督は言っていたが、打ち勝ったことある?課題にしていた走塁もまったく使えてない。救いはユウイチ選手や宮出選手がチャンスをものにしていることぐらい。

 

城石選手は途中出場で、2打席2三振。。。打てないからスタメン落ちしたんでしょ?             肩の調子がまだ悪そうだけどそうも言ってられないよ?


前の10件 | - ’05年公式戦 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。